飲食店営業と喫茶店営業

行政書士に依頼する

飲食店営業と喫茶店営業

飲食店営業と喫茶店営業

食品に関する営業は、食品衛生法・食品衛生法施工令(詳細はこちら)で34種類に分類されていますが、そのうち、最も身近なものは①飲食店営業と➁喫茶店営業だと思いますので、以下にご紹介します。

飲食店営業

(以下のいずれも喫茶店営業に該当する営業は除かれます。)

一般食堂

料理店

すし屋

そば屋

旅館

仕出し屋

弁当屋

レストラン

カフエー

バー

キヤバレーその他食品を調理し、又は設備を設けて客に飲食させる営業

→居酒屋やスナック・ラウンジなど、アルコール類を提供する場合もこれに含まれます。

喫茶店営業

喫茶店営業

(喫茶店、サロンその他設備を設けて酒類以外の飲物又は茶菓を客に飲食させる営業をいう。)

→喫茶店営業では、アルコール類を提供できず、また、食事に関しても、クッキーやビスケットに限定されます。

→例えば、コーヒーのほかにパスタなどの軽食を提供する飲食店(一般的にイメージされる「カフェ」のような店)を開業したいと思った場合、➁の喫茶店営業が必要なものと勘違いしがちですが、上記の分類に従えば、①の飲食店営業に該当する場合が多いと思われますので注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました