※「許認可サポート」は現在更新作業を行っております。未完成や未掲載の許認可についても業務を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

許認可サポート

世の中に存在する多くの職業は、実は、何かしらの許認可と関係しています。例えば、居酒屋、不動産屋、薬局などです。これらは、あくまでも許認可が法律上必要となる場合の一例に過ぎません。(以下のページもご参考ください。なお、こちらに記載がないからといって、許認可が不要というわけではありません。)

許認可が必要となる場合の例

万が一、必要となる手続きの存在自体を知らなかったり失念して、許認可を得ないままその業種を営業した場合、多くの場合、刑事上の罰である懲役・罰金や、行政上の罰である過料に処されてしまうことになります。そのため、独立開業などをする場合には許認可に十分な注意を払わなければいけません。

このサイトでは、慶行政書士事務所のサービスの一環として、許認可に関する情報を発信しています。ご自身で許認可の申請をされる際や、外部に委託しようか迷っている際にご参考いただければと思います。

カテゴリ

豆知識

一言で許認可といっても、手続きの種類としてはいくつかに分分けることができます。本サイトでは、特段の記載がない場合便宜上「許認可」で統一して記載しますが、こちらにそれぞれの説明と例を記載しておきます。

許可 法令によって一般的に禁止されていることを特定の場合に解除すること(例:飲食店営業の許可)
認可 行政などが、その行為を補充して法律上の効果を完成させること(例:保育所の設立の認可)
届出 事業者等がある行為を行うにあたって、行政に対して一定の事項を通知すること(例:民泊(住宅宿泊事業法)の届出)
登録 営業を行うために、行政機関に定められた名簿に登録されること(例:旅行業の登録)
特許 国民が本来持っていない権利等を与えること(例:電気事業の許可)
タイトルとURLをコピーしました