車庫証明・保管場所届出とは?

車庫証明取得のポイント

☆車庫証明は、自動車を購入し登録を行うときや住所変更を行うときなどに、自動車の保管場所を確保していることを証明するために必要な手続きです。

☆車庫証明の申請は、保管場所(車庫)を管轄する警察署に行います。

☆証明書交付申請手数料は2,100円、標章交付手数料は500円です。

☆1週間程度で証明書及び標章が発行され、標章は後部ガラス等に貼付します。

車庫証明とは

車庫証明は自動車の登録をする際に、自動車の保管場所があることを証明するための書類です。正式には「自動車保管場所証明書」です。

 ※軽自動車の場合には、車庫証明ではなく「自動車保管場所届出書」の届出が必要となります。これは全ての地域ではなく、特定の地域のみ届出が必要となります。

神奈川県の適用地域(届出が必要)として定められているのは、次の地域です。

横浜市、川崎市、相模原市、藤沢市、鎌倉市、茅ヶ崎市、平塚市、大和市、横須賀市、厚木市、小田原市、秦野市、座間市、海老名市

東京都の適用除外地域(届出が不要)として定められているのは、次の地域です。

福生市、武蔵村山市、羽村市、あきる野市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、大島町、八丈島町、桧原村、利島村、新島村、神津島村、三宅島、御蔵島村、青ヶ島村、小笠原村

保管場所(車庫)の要件

申請する保管場所(車庫)は、次の要件すべてを満たす必要があります。その自動車が置けるスペースあれば、必ずしも駐車場である必要はありません。

 ① 自動車の使用の本拠の位置(個人:住所又は居所、法人:事務所の所在地)から直線距離で2km以内であること

 ② 道路からの出入りが支障なくできて、かつ、自動車全体が道路にはみ出さずに収容できること

 ③ 自動車の保管場所として使用できる権原を有すること

車庫証明等の手続が必要なとき

普通自動車の場合は、「保管場所証明書申請」又は「保管場所届出」の手続が必要です。

保管場所証明申請の手続が必要なとき

・普通自動車(新車・中古車)を購入するとき(新規登録)

・住所、事務所の所在地等を変更するとき(変更登録)

・使用者の名義を変更するとき(移転登録)

保管場所届出の手続が必要なとき

・所有者・住所等は変わりなく、保管場所(車庫)を変更したとき

軽自動車の場合は、「保管場所届出」の手続が必要です。

保管場所届出の手続が必要なとき

・軽自動車(新車、中古車)を購入したり又は他人から譲り受けたとき

・届出をしている保管場所(車庫)を変更したとき

・所有している軽自動車を持って適用地域に転居したとき

必要書類、届出方法

必要書類

これらの書類は警察署の窓口で受け取ることができます。また都道府県警のホームページからもダウンロードできます。

 

保管場所証明申請

保管場所届出(※1)

1

自動車保管場所証明申請書(2通)

自動車保管場所届出書(1通)

2

保管場所標章交付申請書(2通)

3

保管場所の所在図・配置図

4

保管場所の使用権原を疎明する書類(いずれか1通)

(1) 保管場所が自分の所有地の場合

保管場所使用権原疎明書面(自認書)

(2) 保管場所が貸し駐車場の場合

保管場所使用承諾証明書(※2)

(5)

東京都の場合

上記の他に、使用の本拠の位置が確認できるものとして(住民票、運転免許証(写)、公共料金の領収書等)が必要になります。

 

(※1) 軽自動車の届出の手続において、すでに自動車検査証を取得している場合には、自動車検査証(写)が必要になります。

(※2)承諾証明書の代わりに、契約内容によっては駐車場賃貸借契約書(写)で認められるなる場合があります。ただし、車庫の場所、契約期間、貸主(大家さんや管理者)、借主(申請者や届出者)の記名押印があるものに限られます。

 

届出方法

 

保管場所証明申請

保管場所届出

申請・届出先

保管場所(車庫)を管轄する警察署(※3)

受付時間

月曜日~金曜日

(祝日及び年末年始12月29日~1月3日までを除く)

午前8時30分~午後0時 及び 午後1時~午後5時15分

申請手数料

2,100円

(納入通知書兼領収書を受領)

 なし

交付

申請から1週間程度で交付

(納入通知書兼領収書を提示)

即日交付

標章交付手数料

500円

受領

次の書類と標章(円形ステッカー)が交付されます

1.自動車保管場所証明書(※4)

2.保管場所標章番号通知書

 (保管する)

3.保管場所標章

 (車の後部ガラス等に貼付)

1. 保管場所標章番号通知書

(保管する)

2. 保管場所標章

(車の後部ガラス等に貼付)

(※3) 自宅と駐車場が市町村をまたぐ場合もありますが、「自宅を管轄する警察署」ではなく、「車庫の所在地を管轄している警察署」に申請します。

(※4) 自動車保管場所証明書(車庫証明書)は、証明日から1か月以内に運輸支局に提出します。

 

本記事は、H31/2/2時点の制度をもとに作成しています。

タイトルとURLをコピーしました