遺言にはいくつかの種類があります。

大きく普通方式遺言と特別方式遺言に分けられ、それぞれの中でまたいくつかに分類されます。

特別方式遺言は特殊な状況を想定したものですので、本記事では簡潔に記載します。

普通方式遺言

自筆証書遺言

自筆証書遺言は、遺言の方式の中でも一般的な遺言といえます。

遺言者が一人だけで作成できるため手軽で、内容を他人に知られることもなく、費用もかかりません。

ですが、その反面、一人で作成するがゆえに法律で定められた要件を満たさないために無効な遺言となる可能性が高く、また、自身で遺言書を保管する点で紛失や偽造のリスクも付きまといます。

関連記事:自筆証書遺言の要件緩和(自筆証書遺言が使いやすい制度になりました。)

公正証書遺言

公正証書遺言は、自筆証書遺言と並び一般的な遺言といえます。

作成の段階で公証人の関与を受けるほか、遺言書の原本は公証役場で保管されます。そのため、すべての遺言の方式の中で最も法的に安全で確実な制度といえます。検認という裁判所の手続きが不要になる点も大きいです。

デメリットとしては、費用がかかる点、証人の立ち合いが必要になる点、遺言内容が公証人や証人に知られるといった点があげられます。

秘密証書遺言

秘密証書遺言とは、遺言の「内容」は秘密にしたまま、公証人と証人にその「存在」を証明をしてもらうという制度です。偽造がされない、遺言書の存在を相続人に明らかにできるといった利点があります。

ただ、費用がかかるわりに、内容にチェックが入らないので遺言が無効になるリスクや、紛失のリスク(原本は遺言者自身で保管)があるため、あまり用いられてはいません。

特別方式遺言

危急時遺言

一般危急時遺言

けがや病気で生命の危機が迫っている状態で作成する場合の遺言の方式。

難船危急時遺言

船や飛行機に乗り、生命の危機がが迫っている状態で作成する遺言の方式。

隔絶地遺言

一般隔絶地遺言

伝染病などで隔離されている状態の人や、服役中の人などが作成する遺言の方式。

船舶隔絶地遺言

船に乗り、陸地から離れている状態の人が作成する遺言の方式。

 

※本記事は、H31/01/28時点の制度をもとに作成しています。