本記事のポイント

☆在留資格とVISA(ビザ、査証)は別の概念です。

在留資格とVISA

外国人の方が、日本に滞在するためには、基本的に在留資格を持っていなければいけません。これは、日本の企業で働く方はもちろん、日本人の配偶者や短期の旅行者も例外ではありません。

一般的に、この「在留資格」を「VISA」と表現することも多いです。ただ、厳密にいえば、この二つには明確な違いがあります。

在留資格とは

在留資格とは、既述の通り、外国人の方が日本に滞在するために必要となる資格を指し、「出入国管理及び難民認定法(入管法)」という法律に定められています。

入国管理局一覧表(入国管理局のホームページが開きます。)

これらの在留資格には、それぞれ日本において行うことができる活動や在留期間が定められており、日本に滞在する外国人の方はこの規則に従うことが求められています。

仮に、これに違反した場合(オーバーステイなど)は、退去強制などの処罰の対象となります。

つまり、在留資格とは、日本に「滞在」するために必要なものといえます。

なお、在留資格は、法務省の管轄になります。

VISA(査証)とは

※短期滞在ビザ相互免除などの一定の例外があることにご留意ください。

在留資格と混同されがちなVISAという言葉ですが、これを日本語に訳すと「査証」となり、在留資格とは異なる概念です。

査証とは、来日しようとする外国人の方のパスポートが有効で、日本に入国しても問題がないという旨を証するための証書を指し、外国にある日本大使館や領事館によって発給されます。これは、その外国人の方が日本に入国することは支障ないと判断されたことを、日本大使館等が入国管理局に示す推薦状のような役割を持っています。査証の付与は、外国人の方のパスポートに、押印やシールを貼る形式によりされます。

査証は、外務省の管轄です。これは、あくまでも日本に上陸するための要件の一つでしかなく、別途出入国管理当局の許可を得なければならないため、査証が付与されたからといって必ず上陸できるというわけではありません。法務省と外務省の二重のチェックが行われるのですね。

VISA(査証)とは、日本に「上陸」するために必要なものといえます。

上陸審査

外国人の方が到着した空港又は海港の出入国港において入国審査官は、その外国人の方に対して、入管法に定められている上陸に必要な要件を満たしているかの審査を行います。要件には、パスポートや査証の有効性、入国目的、滞在予定期間が含まれ、これを満たしている場合、外国人の方に対して「上陸許可」が与えられます(パスポートに在留資格や在留期間などが表示された証印がされます)。この時点で、査証は数次有効なものを除き、使用済となります。

上陸許可の証印には、日本で行うことのできる活動等を示す「在留資格」、日本に滞在することのできる期間である「在留期間」などが表示されます。原則的には、日本に来て受動的に入国審査を受けることによって、在留資格が付与されるのですね。

(現実には、事前に在留資格の付与を受ける「在留資格認定証明書交付申請」という例外的な手続きを大半の方が行っています。「在留資格認定証明書」とは、入国時に受ける在留資格をあらかじめ予約しておく書面のようなもので、あらかじめこれを取得することにより、査証の発給や上陸審査の手続きを迅速に進めることができます。詳しくはこちら。

 

本記事は、H31/2/2時点の制度をもとに作成しています。